レトロスペクティブ vol.2  開催しています

ソノカです。
 
17日、つくる。にて
retrospective (レトロスペクティブ) vol.2 の
オープニングパーティーがありました。
 
名古屋造形大学の在校生・卒業生、
13人による展覧会です。
 
おばあちゃんちを思い出させるような、
なつかしいようなこの場所が
生き続けてくれるように。 と
企画してくださった展覧会。
つくる。がすごく生かされた展示です。
 
この角じゃなきゃ、
この棚じゃなきゃ、
成り立たないっていう展示です。
 
贅沢なことに、
私は店番をする者として
13人ひとりひとりのコメントを聞くことができました。
 
そこから得たものがあんまり大きくて、
私たちだけ聞かせていただいたのでは
申し訳ないです。
なので、
来てくださる方々にせいいっぱいは
伝えたいと思っています。
 
一人ひとりのお話を
書き並べるわけにもいきませんが、
何度となく、
涙がでそうでした。
 
作家さんたちのむきだし、生の気持ちに
触れてしまった感じで
こちらもよそ行きの顔をしていられなくなってしまいました。
 
私事ですが、
庭師の仕事も
自分がむきだしになります。
不自然なごちゃごちゃした自分、
表面だけのつくった自分では
植物と、石と、つながれない。
人とも、本当にはつながれない。
 
自分の悩んでることと
あまりにドンピシャなことが多くて、
濃厚な一晩でした。
 
来てくださる方それぞれ、
思うところが違うんじゃないでしょうか。
 
ひとりでも多くの方にここへきて
濃いものを感じていただきたいと願っています。
 
展示は月曜日を除く10月30日(土)まで。
13時から19時まで開いています。
 
企画・出展して下さった方々、
つくる。から、
そして私個人からも、
ありがとうございます。